精密機械加工、通信用プラグ・ジャック製造販売

026-245-5881
お問い合わせ
LINEで気軽に相談してみる

AIZAKI

株式会社 Aizakiは
技能士の育成に取り組んでいます。

ブログ

Blog

    2022.1.
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
Archives
RSS

ベトナム入国!

2022年1月20日

池田です。

新年早々にベトナムへ入国しました!

ベトナムは入国時の水際対策は緩和の方向で進んでおり、

私がフライトした1月12日では承認を得た人は自宅隔離が認められ、

隔離期間もワクチン2回接種者 or コロナ感染からの回復者は3日間へ短縮されました。

3日目のPCR検査の陰性結果を得て、

無事に隔離期間が終わり、

1月17日よりAZVへ出社をしております!

なんて楽なんだ!



昨年の本社スタッフの清水が入国した時とはえらい違いw

なんせ、ホテル隔離3週間の自宅隔離1週間の計4週間隔離されてたからね。

しかも隔離の最中に感染拡大でロックダウンが始まったり、、、

運が悪かったとしか言いようがない、、、w

 

今月は旧正月の年末年始になりますので、

ベトナム工場もしっかりと仕事納めができるよう取り組んでまいります!

前の話に関係ないけど年明けに善光寺に行きました!

快晴と雪模様。

今年は雪が多そうで、雪かきも大変そうですね。

どうか皆さん、体調崩されないようご自愛ください。


仕事納め

2021年12月29日

先日、社歴の中で1番古いマシニングセンター 、

当社1号機のオークママシニングセンター 1984年9月製が長い稼働を終えて、

廃棄処分となりました。

 

私が入社するずっと前から当社の生産を支え、

長く活躍してくれただけに、

このようにお別れになると感慨深いものがありますね。

寂しい感情が生まれます。

 

来年は代わりに最新の5軸制御マシニングセンターが導入されます。

詳細は年明けのブログで紹介したいと思います。

 

当社は本日が2021年の仕事納め。

今年もコロナ禍の影響を受け、

特に前半は思うような生産ができませんでしたが、

徐々に環境も変わりつつありますので来年は1年通して生産が絶好調な年にしたいと思います。

 

兎にも角にも社員に大きな怪我等なく無事に終われました。

関係各所の皆さんにも大変お世話になりました。

来年もどうぞよろしくお願いします。

では良い年をお迎えください。

 

株式会社Aizaki

代表取締役 池田 英平

 


パルセイロバドミントン!

2021年11月18日

池田です。

ACパルセイロバドミントンクラブの公式戦がいよいよ始まり、

当社所属の2名も栃木県で開催されているリーグ戦に参加しております!

コロナ禍によりずっと大会が中止されていて、ようやくの試合再開。

しかしまだ無観客ということで、

会社から激励の横断幕を作らせていただきました。

ふたりとも頑張れ〜!

https://www.facebook.com/parceirobadminton


ご縁

2021年11月10日

池田です。

久々の投稿ですが、最近自宅周辺を歩いていたらこんな石碑を発見。

『長野県の電話交換業務開始の地』

 

当時の当社では電話交換所向けにプラグ/ジャックを大量生産していたので、

ご縁があるのかなぁ〜と思った次第。

 

今では防災システムや基地局向けに通信用プラグ/ジャックを製造しております。

http://www.aizaki.co.jp/product.php

 

 


PCR検査!

2021年7月16日

池田です。

本日ベトナムからの帰国による隔離期間14日の措置が終了し、

約8ヶ月ぶりに自宅に戻ってきました。

 

予定外の長期滞在でしたので、

大泣きの愛娘に出迎えられて私も感動しました。

 

私が帰国したタイミングで、

ベトナムのホーチミンはコロナ感染がさらに増大。

AZVがあるホーチミンの隣ドンナイ省でもどんどん感染者が増え、

昨日は会社全体で陰性テストを実施しました。

刻一刻と状況が変わる感染状況と、

日本とは全く違うベトナムの感染対策に会社の対応も四苦八苦しており、

毎日頭の中がパンクしそうです。

 

訪越中でAZVに出社している本社スタッフには、

ベトナム工場で様々な経験を積んでほしいと思っていましたが、

コロナ対策に駆け回る経験はいらぬ経験か?

はたまた今後に生きるのか?

彼も目の前の対応にもう一杯一杯です。

 

一刻も早い終息と工場の生産が止まらないことを祈るばかりです。

そしてその本社スタッフがベトナムのことを嫌いにならないことを祈っていますw
(ベトナムらしさ、普段の街の風景、観光など、全く海外生活の醍醐味を味わえていません)