精密機械加工、通信用プラグ・ジャック製造販売

026-245-5881
お問い合わせ
LINEで気軽に相談してみる

AIZAKI

株式会社 Aizakiは
技能士の育成に取り組んでいます。

ブログ

Blog

Archives
RSS

義援金にご協力いただきましてありがとうございました

2018年8月3日

このたびの豪雨により被害にあわれた皆様、ならびにそのご家族の皆様に心よりお見舞いを申し上げます

 

経営管理部の鈴木です。

昨日、日本赤十字社を通じて義援金をお送りすることができましたことをご報告いたします。

従業員の皆さんはじめ、お取引会社様、先日の講演会場で義援金を寄せていただきました皆様に感謝いたします。


東日本大震災追悼法要

2018年3月9日

池田です。

久々に笑顔プロジェクトが動きます。

今週末の日曜日は東日本日本大震災から7回目の『3.11』。

 

小布施町の薬師堂浄光寺にて『東日本大震災追悼法要』を執り行います。

以下抜粋です。

東日本大震災においては、多くの尊い御命が犠牲となりました。本年3月11日を迎えるにあたり、亡くなられた方々への哀悼の念と復興地の更なる進展を念願し、震災発生時刻に合わせ14時30分より法要を勤修いたします。どなたでもご自由にご参拝いただけます。お誘い合せてご参拝ください。

なお、3月25日に宮城県女川町で開催される女川復幸祭には日本笑顔プロジェクトとして参加させて頂き「笑顔どら焼き」を女川町の皆さんにお届けしたいと思っています

追悼法要で、笑顔どら焼きの製造資金を募りたいと思っております。募金箱にお気持ちをお入れ頂けましたら幸いです。

笑顔どら焼き製造協力:長野県信州新町【松崎屋製菓舗】

日時  3月11日(日)14時30分より
場所  浄光寺本堂

よろしくお願い申し上げます。


女川町震災廃棄物 中間処理施設映像

2013年1月29日

おはようございます、池田です。

弊社も参加させていただいております、

日本笑顔プロジェクトが支援する、

宮城県女川町の瓦礫中間処理施設のダイジェスト動画です。

http://www.youtube.com/watch?v=TsjAHfnG-8Y

その量は115年分に相当します。

私も含め、弊社の社員も何名かこの処理施設に訪問し、

細かい手作業での選別と、

途方もない瓦礫の量、

処理先が見つからな現実を説明していただきました。

具体的な支援はなかなか難しいのが現実ですが、

私たちの心の中から、復興地のことが忘れ去られないようにしたいです。

http://www.youtube.com/watch?v=TsjAHfnG-8Y


スマイルずin女川祭2012

2012年8月27日

お疲れさまです。押木です。

ようやく完成いたしました。

先日の女川祭りでのスマイルず♪

ちょっとブレてるところもありますが…(^_^;)

どうぞ!ご覧ください!


女川町

2012年8月24日

こんにちは
小島です

先日、宮城県の女川町へ支援活動に行かせていただきました。
女川町の子供祭りを復活させよう!ということで、そのお手伝いをさせていただきました。

17日の夜に出発し、バスに揺られて18日朝に到着しました。
ついたらトラックから荷物を下ろしてせっと準備。

テントを作って、各屋台の準備。
ステージも作っちゃってます。

これほとんど持ちこんでいるんです。
笑顔プロジェクトのみなさんのすごさに驚かされました。

かき氷用の氷を地元の方が持って来てくれました。
氷は市場で売っているらしいですね。


僕はバンドもやる予定だったので準備がある程度おわったら、
裏でせっせと練習していました。

そしていよいよお祭りスタート!



子供たちはとにかく元気!
ハッピを来た子が笑顔で写真で答えてくれました。

いよいよスマイルズの出番がきて演奏しました。
内容はどうであれ、現地の人が笑って笑顔になってくれただけも良かったと思います。

僕らは焼きそば担当。作り方を教えてもらい
屋台の焼きそばをひたすら作っていました。

次から次にお客さんが来て、とても活気がありました。

お祭りは無事終わりました。
きっと女川町の方に笑顔を届けられたと思います。

最後の写真は帰る前に女川町立病院から撮ったものです。

一年前の風景とはかなり違っています。
写真奥に見える海から津波が来て全てを飲みこんでいったなんで今考えても信じられません。
しかし、2011年3月11日に実際にそれが起こりました。

今では瓦礫も片付けられ、とても広い何もない場所になっていて雑草も生えていました。

今後も被災地の復興は進んでいきますが、私たちはその悲劇を忘れてはいけないと改めて思いました。
そしてこれからも支援活動を通じて現地の人が笑顔を届けられればと思います。